MENU

EPAとDHAを両方含む食品の代表とも言える食材とは?

EPAとDHAを両方含む食品の代表とも言える食材が魚です。マグロやイワシなどの青魚からは両方摂取することができます。加熱するよりお刺身などで生のまま食べるのが望ましいです。

 

EPAやDHAがどうして体に良いと言われているのかと言うと、これは体に必要な栄養素でありながら、体内で作り出すことができないためです。

 

EPAは血液をさらさらにして血流を良くする効果、DHAは脳の働きを良くする効果が期待できます。ですので食品からこれらの成分を摂取することは健康維持のために重要です。

 

ただし魚類が苦手な人も多いと思います。そうした方におすすめの食品にはどのようなものがあるかと言うとしそ油やえごま油、くるみなどが挙げられます。

 

これらの食品に含まれるα(アルファ)リノレン酸と呼ばれる成分は、体内で一部がEPAやDHAに変換されるので魚が苦手な人はα(アルファ)リノレン酸を含む食品を食べると良いです。

 

現在市販されているサプリメントの中にはEPAとDHAの両方が配合されたものがあるので、サプリメントを試してみるのも良いです。

 

EPAについての詳細情報ページ

 

EPAが多い青魚や食べ物・中性脂肪に効くサプリメントなどについても紹介してくれています。

 

EPAの効果について、さらに詳しくお知りになりたい方はこちらをどうぞ!