MENU

EPAが含まれる食品で含有量が多いものは?

EPAを含む食品は主に魚が挙げられます。

 

魚の中でも青魚に特に多く含まれており、特に含有量が多い魚はイワシです。他にはマグロ、サバ、ブリ、サンマなどの魚にも豊富に含まれています。イクラやタラコなどの魚卵、かまぼこや魚肉ソーセージにも含まれています。

 

加熱に弱い性質があるので刺身で食べるのが良いのですが、刺身で食べるのが難しい場合はホイル焼きや蒸し焼きにして食べると良いでしょう。フライにしてしまうと、半分近く栄養がなくなってしまうので別の調理法がおすすめです。

 

EPAは魚の脂に豊富に含まれていますが、頭や骨、皮の部分にも多く含まれているので、骨や皮もしっかり食べましょう。

 

また、魚を食べる習慣がない人のためにEPAが配合されたサプリメントが市販されています。サプリメントなら調理の手間もなく手軽に摂取できます。

 

食品から必要な量を摂取できるのが理想的ですが、魚をたくさん食べるのが難しい場合はサプリメントを利用するのがおすすめです。

 

EPAについての詳細情報ページ

 

EPAが多い青魚や食べ物・中性脂肪に効くサプリメントなどについても紹介してくれています。

 

EPAの効果について、さらに詳しくお知りになりたい方はこちらをどうぞ!