MENU

EPAの豊富な魚の種類とは?鮮度との関係について

EPAは魚に含まれる脂肪酸の一種ですが、種類としては主にアジやサバ、イワシなどから多く摂取できます。

 

そんな魚由来の脂肪酸であるEPAは体内ではほとんど生成することができない栄養素です。不飽和脂肪酸の一つであり、体内に蓄積しやすい飽和脂肪酸と違って体内に蓄積しにくくエネルギーに変わりやすい栄養素です。

 

そして血液の凝固を防ぐ働きがあるため、脳梗塞や動脈硬化の予防に効果的です。また、血中の中性脂肪を減少させる働きがあるので生活習慣病を防ぐ効果が期待できます。このようにEPAには身体にさまざまな良い影響があります。

 

青魚に豊富ですが、青魚以外でも鮮度が良く旬のものに多く含まれます。そのため、旬を迎えた真鯛などにも多く含まれているので、青魚だけでなく季節に応じて鮮度の良いものを食べることで摂ることができます。

 

日頃の食事により効率的にEPAを摂取するなら、できるだけ鮮度の良い魚を食べることをおすすめします。

 

簡単に摂取する方法としておすすめなのがオイルサーディンやサバの味噌煮といった魚の缶詰を食べることです。缶詰を食べる場合は缶汁にEPAだけでなくDHAも多く含まれているので捨てずに利用しましょう。

 

EPAについての詳細情報ページ

 

EPAが多い青魚や食べ物・中性脂肪に効くサプリメントなどについても紹介してくれています。

 

EPAの効果について、さらに詳しくお知りになりたい方はこちらをどうぞ!