MENU

EPAとDHAの効果の違いってなんなの?

EPAとDHAの効果の違いってなんなの?

DHA(ドコサヘキサエン酸)もEPA(エイコサペンタエン酸)も健康に良い効果がありますが人間の体内で作り出すことができない栄養素で、魚の脂の部分に豊富に含まれています。

 

DHAとEPAは同じような働きをするように思えますが、具体的な違いを紹介しましょう。

 

DHAは脳の働きに影響を与える栄養素で、脳の記憶力や学習能力に関わりのある「海馬」に多く含まれており、摂取すると脳の働きを活発にして記憶力の向上や認知症の改善などの効果が期待できます。

 

EPAは血管や血液に影響を与える栄養素で血液をさらさらにしたり血流を良くする作用があることから心筋梗塞などの動脈硬化や、虚血性心疾患を予防する効果が期待できます。

 

また血管を柔らかくする効果や中性脂肪を減らす効果、炎症やアレルギー症状を抑える効果も期待できます。

 

DHAやEPAを効率的に摂取するには、まぐろ・かつお・さば・いわし・あじなどの青魚を積極的に食べるようにしましょう。

 

 

EPAについての詳細情報ページ

 

EPAが多い青魚や食べ物・中性脂肪に効くサプリメントなどについても紹介してくれています。

 

EPAの効果について、さらに詳しくお知りになりたい方はこちらをどうぞ!