MENU

EPAの摂取量は一日あたりどのくらい必要なの?

EPAの摂取量は、人によって毎日の摂取量が違います。

 

EPAは中性脂肪を減少させる働きがあります。中性脂肪が体内で増えると悪玉コレステロールの値が高くなり、動脈硬化の原因となったり脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす恐れがあります。

 

中性脂肪を溜め込まないようにするには、健康な方ですと一日の摂取量は、約1g程で良いそうですが、既に中性脂肪が多い方は一日4g摂取すると良いです。

 

中性脂肪やコレステロールの値が高い人はEPAが豊富に含まれる青魚を積極的に食べるようにしましょう。青魚には、イワシ、秋刀魚、サバなどがあります。鮭からも摂取できるので手軽に食べられる鮭フレークもお勧めです。

 

魚を食べるようにしても、必要な量を摂取できているのかわからないという人もいるでしょう。そんな人はサプリメントを利用するのも良いです。

 

サプリメントならEPAの含有量がわかりやすいので必要な栄養素をしっかり摂れます。魚が苦手という人や調理するのが難しいという人でもサプリメントなら生臭さも無く、簡単に飲めるのでおすすめです。

 

EPAについての詳細情報ページ

 

EPAが多い青魚や食べ物・中性脂肪に効くサプリメントなどについても紹介してくれています。

 

EPAの効果について、さらに詳しくお知りになりたい方はこちらをどうぞ!